本文へジャンプ

研究内容と方法

 生命活動は、化学反応の集積であると見なすことができます。しかも生命体における化学反応は、タンパク質の複合体や生体膜など、複雑な分子の集合体の中で起こるものが多く、それらが生物的反応の特異性や選択性を決めています。化学の分野においても、最近では、単なる分子と分子の衝突による反応を研究することから、複雑な分子から構成される分子複合体(超分子)を設計・構築し、それがいかに一つの分子を越えた能力を発揮するかを研究することが最先端分野となってきています。
 我々の研究室ではペプチドを中心とし、タンパク質、DNA・RNAなどから構成される超分子システムを設計・構築し、ケミカルバイオロジーに基づいたバイオテクノロジー研究を種々の角度から展開しています。



研究テーマ
  • 三原グループ

細胞膜透過ペプチド
自己組織化ペプチドマテリアル
修飾ぺプチドファージライブラリ




このページのトップへ↑


  Copyright (c) 2007-2021 MIHARA and TSUTSUMI Laboratory,
Department of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology